top of page

OPERe(オペリ)の社外取締役に、JMDC元執行役員 小間井俊輔氏が就任


株式会社OPERe(東京都千代田区、代表取締役/CEO 澤田 優香、読み方 オペリ、以下 OPERe)は、JMDC元執行役員 小間井俊輔氏が、社外取締役に就任することをお知らせします。



就任の背景


OPEReは、患者のスマートフォンにて検査や入院、出産、麻酔などにおける患者説明を行なうコミュニケーションツール「ポケさぽ」を開発・提供しています。2021年より販売を開始した「ポケさぽ」は、多くの急性期病院や産院に導入いただき、患者コミュニケーションのDXを支援してまいりました。患者と医療者とコミュニケーションハブをビジョンに掲げるOPEReは、医療業界へのさらなる価値創出・事業展開を目的に、歯科医院向けカタログ通販・フィードの代表取締役や医療ビッグデータ最大手・JMDCの執行役員などを歴任した小間井氏を社外取締役として招聘いたしました。



小間井俊輔氏 プロフィール


マッキンゼーアンドカンパニーを経て、政府系の企業再生ファンド・企業再生支援機構に入社。同機構において北陸最大のレジャー施設・芝政ワールド等の再生事業に従事。その後、歯科医院向けカタログ通販・フィードの代表取締役、医療ビッグデータ最大手・JMDCの執行役員等の経営職を歴任。



小間井氏よりコメント


OPEReの本質は、単なる医療機関のDX支援ではなく、ペイシェントフローマネジメント改善の支援を通して真に患者目線の医療の実現を支援する点にあります。この点が新興ながら多くの医療機関からの支持を得ている所以です。患者への適正な情報提供を進めたい医療機関、また医療機関を支える製薬企業や医療機器メーカー等にとっても新しい有望なサービスとして大いにご期待をいただいています。素晴らしいプロダクトやサービスを形にしているチームの一層の躍進を期待すると共に、私も経営陣と一丸となり支援して参ります。



▽プレスリリースはこちらから



Kommentare


bottom of page